体の健康について 「上院等の炎症を抑制するには鼻うがいが効果がよい。」と言われている

こんにちは。
たかほしです。
毎週木曜日のゆ~かりナイトを聞いています。
今回は「からだの健康」についてお伝えします。

「鼻うがいは効果がある。」と言われている。

みなさんは普段から鼻うがいはしていますか?
ほとんどの人は手洗いとうがいはしたことがあると思います。
その一方で鼻うがいをする人は少ないと思います。
僕も昨年までは鼻うがいなどはしたことがなかったです。
鼻うがいと言うことばは聞いたことがありますが、
なかなか踏み切ることができなかったです。

その理由は、
「鼻に水を入れるのはめちゃくちゃ怖い。」と思っていたからです。
ところが、実際に鼻うがいをすると全く怖くなかったのです。

鼻うがいをすることで鼻炎が落ち着く。

鼻うがいは鼻の中の異物を除去するという効果があります。
その結果、鼻の中の炎症も緩和していきます。

その結果、花粉症アレルギー性鼻炎などと言う症状が改善します。
それだけではなくて
鼻詰まりやくしゃみも改善していきます。
それだけではなくて、喉の痛みも蓄膿症も徐々に改善していきます。
これは僕が実際に1年近く鼻うがいを継続して、効果を実感しているからこそ言えるのです。
僕は鼻うがいをするまでは花粉症やアレルギー性鼻炎が酷くて
常にくしゃみや鼻詰まりをしていました。
ところが、鼻うがいをしてからこれらの症状も減りました。
最初は鼻うがいをしたときは、
鼻の中がヒリヒリして痛かったですが
時間の経過とともに炎症も落ち着き
鼻の中がスッキリし始めました。
そして、鼻うがいをする前にくしゃみや鼻づまりが酷かったのですが
鼻うがいが終わった瞬間これらの症状もなくなったのです。
ですので、毎日鼻うがいをするようになりました。

「鼻うがいをすることで、他の症状も落ち着く。」とも言われている。

鼻うがいをすることで、
鼻だけの症状が落ち着くだけではなくて
免疫力や、風を引かなくなります。
そして、「目の充血や、
耳の聞こえ方も改善していく。」と言われています。

「免疫力が落ちる。」という状態は
鼻の奥にある上咽頭の炎症が原因だそうです。
[「上咽頭の炎症を放置すると、鼻炎も改善しづらい。」ともいわれています。

鼻炎が改善しないということは免疫力も上がりにくいそうです。
その結果、風も引いてしまうということにもつながりそうですよね。
僕はその状態がめちゃくちゃ嫌ですし
過去にはアレルギー性鼻炎が酷すぎて眠れなかった日も経験しているので
アレルギー性鼻炎の辛さは誰よりもわかります。
だから、頑張って鼻うがいを続けていきたいと思います。
そうすることで、免疫力も上がり、
毎日元気な日々を送れると信じています。

「今日のあなたはどっちモード。」について。 3月23日の「今日のあなたはどっちモード」は 森山直太朗さんの「さくら。」と、 川口恭吾さんの「桜。」でした。 「森山直太朗・さくら。」

「川口恭吾・桜。」

この2曲は2003年にリリースした曲です。
そして、どちらも大好きです。
森山直太朗さんの「さくら。」は高校生の入学当時にリリースされた曲で
川口恭吾さんの「桜。」は確か2003年の後半だったかと思います。
どちらの曲も聞きたくて最後の最後まで迷いました。
ただ、言えるのが
森山直太朗さんの桜がこの入学シーズンと
卒業シーズンにはピッタリだということもあり、
森山直太朗さんの「さくら。」が聞きたかったです。
「両方聞ける。」という状態なら両方聞きたいですよ。

小幡さんも「コアラモードは川口恭吾さんと胎盤もしたし、素晴らしい曲だから演奏させてほしい。」と言っていました。
そして、「今日のあなたはどっちモード」で選ばれたのは
森山直太朗さんの「さくら。」でした。

小幡さんすみませんでした。
少し入学シーズンを過ぎればきっと
川口恭吾さんの「桜。」を聞きたいですよ。
その時はぜひ、また川口恭吾さんの「桜。」をどっちモードで歌ってほしいと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました