新年こそお金と向き合おう。そうすることで、周囲と差が出る話

こんにちは。たかほしです。
毎日ミューパラを聞いています。
今回のメッセージテーマだった、「新年の行事」についてお伝えします。

新年こそ浪費と真剣に向き合う。

僕は6年前から真剣にお金と向き合い始めました。
それまでの僕はかなり浪費家でした。
その結果、お金の使い方なんぞ無頓着でした。
ですので「いくら使ったっけ?」
「まぁ~お正月ぐらいいいか?」
「明日から気を付ければいいや」
と考えていました。
こんないい加減な人間だったのです。
しかし、6年前からお金の使い方に対して真剣に向き合いました。

お正月だからこそ、お金の見直しを始めたのです。

「明日から気を付ければいいや」という考え方は危険だ。

お金と向き合う時に絶対にNGな考え方があります。
それが、「お正月だからいいや」
「明日から気を付ければいいや」
と思うことです。
こういう考え方は貯金をする人が絶対に考えてはいけないことです。
「明日から気を付ける」という考え方は明日になっても絶対に貯金はしません。
なお、これって勉強運動でも同じことが言えるのです。
「今日は疲れているから明日からやろう」と言ったことはありますか?
そして、「明日やる」と言ってやったことってありますか?
本当に「明日やる」と言って行動をする人は少数派だと思います。
そう、こういうセリフを言って行動をしない人は、やらない理由を見つけて、ただ逃げているだけです。
こういう考え方をしている人はいつまで経っても行動はしないでしょう。
そして、いつまで経っても浪費家を卒業することはできないのです。
僕も昨年までは、初詣に行くと必ずカステラとフライドポテトを絶対に買って5000円以上は使っていました。
しかし、僕は昨年末に決めたことがあります。
それが、「今まで以上に、しっかりと貯金と向き合う」ということです。

ですので、今年の初詣では何と1000円以内に抑えることができたのです。
決心をして日が浅かったので、それでも1000円近く使ってしまったのは非常に悔しいです。
ただ、昨年よりは厳重に行動できたと思います。
とは言いつつも我慢はよくないので、欲に従う大切さも噛み締めたのです。

昨年までの自分と成長できました。
今年何と少し成長できたので、来年の初詣は500円以内までに抑えることができそうです。
とは言いつつも、数百円は参拝にお金をしっかりと入れました。

「やる」と決めたら、すぐ実践せよ。

これは強く言いたいです。
「貯金をする」ということを決めたなら、すぐに実践して下さい。
断言します。
「明日やります」
「いつかやります」
と言っていると、いつまで経っても絶対に貯金なんてできません。
そして、「いつかする」と言っても、絶対に1年経っても10年経っても今日と同じです。
今までの自分とは何も変化しません。
大切なことは、「貯金をやる」と決心したなら貯金ができるために、行動することです。

この行動こそが将来大きな資産を生み出すと思います。
そして、周囲と差が出ることは間違いないです。

タイトルとURLをコピーしました